オールインワンと言うと、
濃厚なクリームを思い浮かべる人が多いと思います!
そんな質感が苦手な人からも人気を得ている、
オールインワンコスメがあります。

若干トロッとしていますが、
化粧水のような質感のオールインワンの、
コンシダーマルです。

しかし、コンシダーマルで検索すると、
何故か解約と予測の出てきます。

人気商品が故の情報なのかもしれません。

何故、解約と言う言葉が出ているのかを調べてみました。

今回紹介する商品は以下から↓


コンシダーマルへの解約の苦情が多い!

・コンシダーマルを申し込んだけど解約できなかった
苦情の中で多かったことは、
解約しようと連絡を入れたけど、
電話がつながらなかったということです。

コールセンターとかって、なかなか電話はつながらないですよね?
特に人気があったりして、コールセンターが他のお客様でいっぱいの時なんかは・・・
人気が一番ピークに達していた時は注文が殺到して、
電話がつながりにくい時があったそうです。

その後は電話回線を増やし、対応がなされているようです。

コンシダーマルの解約の条件

・解約できないパターンがあった
解約できると思っていたけど、
条件により解約できなかったということです。
詳細についてです。

コンシダーマルの注文時、
自分に合うコースを選択して注文できます。

購入コースの定期便には、
スタンダード定期コースと、
プレミアム定期コースがあります。

スタンダードコースより、プレミアムコースの方が、
価格がお得で90日間返金保証があります。

以上のことから、人気のコースは、
プレミアム定期コースだそうです。
しかし、ここで注意して下さい。
3回以上継続して購入することが条件になっています。

つまり、安い分だけ、
3回は継続して購入しないといけないことになります。

プレミアムコースで注文したのに、
いつでも解約できるという、
スタンダード定期コースの案内と、
ごっちゃになって解釈していた方が多かったようです。

解約できないパターンとは、
つまり、3回の購入に達しないまま、
解約の連絡を入れてしまったことになります。

そして、「お客様の場合は解約できませんと」返されてしまうわけなんですね!

まぁ~悪いのはよく注意事項を読まなかった人になるのですかね~(苦笑)

試すのであれば、お得に試したいと誰もが思います。

そのような場合は、最初は通常購入で1本のみを購入し、
万が一、肌に合わなくても1本の料金ですみます。
このように慎重に考える方法もありです。

まずは、焦らずですね!
自分の肌に合えば、自分い合った定期コースを申し込みすれば良いと思います。

コンシダマールの効果が感じられない

効果が感じられない苦情として、
シミやシワに良いと聞いたが、効果が無かったという苦情。

コンシダーマルには、
EGFという成分が配合されていて、
細胞を修復させる働きがあると言われています。

細胞を修復してくれるというのは、
肌の生まれ変わりが整い、
シミになるもとを排出させる働きへとつながります。

細胞を修復してくれるのなら、
肌の細胞が活発になって、
肌のハリ、弾力を保つ力を助けることにつながります。

でも、一つ注意したいことがあります。
化粧品は医薬品ではないということです。

風薬のように、風が治る!
なんてこと、言えません。
コンシダーマルだけではなく、
他の化粧品も同じこととなります。

化粧品は肌に希望を抱くことのできる、
心の支えみたいなものです。

口コミや噂の力は大きいようです。
信頼している人から話を聞くと、
ついつい自分も効果を期待してしまうものです。

人それぞれ合う合わないはあると言うことにもなります。

まずは1本試してみてから、続けるか判断してください。



購入前の確認事項

コンシダーマルに限らず、
何かを解約する時は、
少なからずお金が使われていることが多いはずです。

人間は誰しも、お金という言葉には敏感になります。
そして、焦りがちにもなります。

小さな買い物でも、
ちゃんとした契約だと認識して、
落ち着いて契約内容を確認して下さい。

自分が注文した物の内容は、
解約する気が無くても、
商品についての解約規約を、
ちゃんと理解しておくことが大切です。

念には念を入れておいて、
後々の処理に役立つと思います。

つまらないことで損しないように気を付けたいですね!

使用者の口コミ

・愛用歴1年40代女性

使用してみて最初に驚いたのが、潤いの継続時間。
今までのオールインワンでは、
塗った直後はしっとりするのですが、
時間が経過すると徐々に乾燥していました。
コンシダーマルは時間が経過しても、
内側からみずみずしく潤う感じです。
ローションタイプで、手軽に手軽に使えるのも嬉しいです。
家事や育児で時間が無いけれど、キレイなママでいたい。
そんなわがままをかなえてくれるのは、
コンシダーマルだけですね。
自信を持って長く使えるアイテムです。

・使用歴2年30代女性

もともとはあまり肌のトラブルは無い方だったのですが、
30歳を過ぎた頃から、しっかり保湿しても昼頃になると、
カサカサになってしまうようになって、
様々なスキンケアを試していました。
そんな時に口コミをみて出会ったのがコンシダーマルです。
1本だけで本当に潤うのか心配でしたが、
使用し続けてみたら、肌がイキイキとなって元気になってきたんです。
使い始めてから約2年が経ちますが、友達からも肌の調子が良いねと言われます。

・使用歴10ヵ月40代女性

コンシダーマルは、べたつかないのに、すっと馴染んでしっとり感が持続するんです。
他のオールインワンを使用していた時は、塗ってすぐは潤うけど、
しばらくすると乾いてしまう感じがしていました・・・
コンシダーマルは、敏感肌気味な私でも愛用し続けることができています。

・使用歴1年半50代女性

丁寧に手のひらで頬をおさえこみ、コンシダーマルを馴染ませると、
それだけで頬の毛穴が気にならなくなったのです。
日中の脂浮きも気にならなくなり、
キメが整って、肌がワントーン明るくなった気がします。
コンシダーマルと出会って1年半になります。
ずっと使い続けたいアイテムです。

コンシダーマルの配合成分の安全性について

毎日使う化粧品ですから、
安全面にも気をつけたいですよね?
コンシダーマルの安全性について書いていきます。

・BG
多価アルコール類で保水性や吸水性の高い安全な成分です。

・グリセリン
保湿成分で毒性が低く、化粧品として使用する上では全く問題ありません。

・シクロヘキサシロキサン
シリコンの一種でエモリエント効果がある成分で、安全な成分です。
エモリエント効果については知りたい方はクリック

・ベタイン
植物から抽出されるアミノ酸系の保湿成分で、安全な成分です。

・DPG
植物から作られる保湿成分ですが、
とうもろこしやりんごにアレルギーがある人は注意が必要です。

・トレハロース
キノコなどに含まれる糖質で低刺激かつ安全あ成分です。

・ステアリン酸グリセリル(SE)
合成界面活性剤で品質安定の為に用いられる安全な成分です。

・プラセンタエキス
哺乳類の胎盤で成分のチェックをしっかりと行っているため、
感染症の心配などはない安全な成分です。
中にはアレルギーを起こす人もいます。

・サッカロミセス (黒砂糖、プラセンタエキス)発酵液
保湿成分で、安全な成分です。

・ヒトオリゴペプチドー1(EGF)
アメリカのスタンレー・コーエン博士により1962年に発見された、
上皮細胞の増殖を促進する成分で、皮膚の再生能力が高まります。
毒性や刺激などがない安全な成分です。

・セラミドNG、セラミドNP
肌の水分を保持し、有害物質の進入を防ぐバリア機能を備える安全な成分です。

・スクワラン
保湿効果がある安全な成分です。

・加水分解エラスチン
もともと皮膚に存在する安全な成分です

・ヒアルロン酸Na
保湿効果がある安全成分です。

・水溶性コラーゲン
保湿効果がある安全成分です。

・アルギニン
アミノ酸の一種で、コラーゲンの状態を改善する安全な成分です。

・アスパラギン酸
アスパラガスから発生した、非アミノ酸で安全な成分です。

・PCA
天然保湿成分で低刺激かつ安全な成分です。

・グリシン
保湿効果に優れたアミノ酸で安全な成分です。

・アラニン
アミノ酸で安全な成分です。

・セリン
アミノ酸で安全な成分です。

・パリン
アミノ酸で安全な成分です。

・プロリン
天然保湿因子に含まれるアミノ酸で安全成分です。

・トレオニン
必須アミノ酸で安全な成分です。

・イソロイシン
必須アミノ酸で安全な成分です。

・ヒスチジン
必須アミノ酸で安全な成分です。

・フェニルアラニン
必須アミノ酸で安全成分です。

・PCA-Na
アミノ酸で安全な成分です。

・乳酸Na
保湿成分で安全な成分です。

・クエン酸
酸化防止効果や収れん効果がある安全な成分です。

・塩化Mg
安全なミネラル成分です。

・塩化Ca
安全なミネラル成分です。

・シア脂(シアバター)
肌に優しい安全な油脂です。

・ホホバ種子脂
肌に優しい安全なオイルです。

・トリ(カプリル酸 カプリン酸)グリセリン
ベビーオイルにも使われるエモリエント剤で安全な成分です。

・ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル オクチルドデシル)
保湿、保護効果のある安全な成分です。

・ベヘン酸
菜種油を原料とした成分で品質を安定化する安全な成分です。

・ラウロイルサルコシンイソプロピル
人によってアレルギーが出る可能性があります。

・ステアリルアルコール
皮膚を保護する安全あ成分です。

・ヘチルヘキシルグリセリン
保湿効果がある安全な成分です。

・フェノキシエタノール
防腐剤でやや刺激がある成分です。

・アクリレーツ アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー
被膜性がある合成ポリマーです。安全な成分です。

・PPG-6デシルテトラデセスー30
乳化作用がある安全な非イオン性界面活性剤です。

・メタリン酸Na
安全な酸化防止剤です。

・シクロペンタシロキサン
シリコンで肌に残りやすく、やや皮膚刺激があるので敏感肌の人は注意しましょう。

・トコフェロール
天然のビタミンEで活性酸素を除去する働きがある安全あ成分です。

・ステアロイルグルタミン酸2Na
コスメを作る上で必要な合成界面活性剤で、
安全な成分です。

・ビサボロール
カモミールの精油に含まれる安全な美白成分です。

・ポリ-ε-リシン
安全な防腐材です。

・マンニトール
糖アルコールの一種で、保湿効果がある安全な成分です。

以上がコンシダーマルの配合成分と内容でした。

気になる副作用について

使用すると気になるのが副作用です。
ですが、安心して下さい。

・無香料
・無鉱物油
・無着色
・パラベンフリー
・アルコールフリー

以上のように刺激になる成分や副作用になりそうな成分は使用されていません。
お肌が敏感な方や、副作用が心配な方も安心して使用できそうです。

今回の商品は↓をクリックして下さい。