こんにちは。

 

皆さんは、「ボディソープ」を選ぶとき、どんな成分が入っているのかや、香り、どのくらいの洗浄効果があるのか、気になりますよね?

 

今回ご紹介する「バウンシアボディソープ」は、高い洗浄力があり、濃密泡でリッチな香りが特徴のボディソープです。

 

信頼と実績のある、「牛乳石鹼」から発売されていて、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合された、洗い上りが、しっとりなめらかなボディソープです。
ぜひ、参考にして頂けたら嬉しいです。

 

 

バウンシアボディソープの口コミを集めました!

 

では、さっそく「バウンシアボディソープ」を、実際にご使用になった方の口コミをご紹介したいと思います。

 

25歳女性 乾燥肌

「プレゼント当選で頂きました!清潔感のある香りで、泡のきめも細かく、泡切れもよくて満足しています!またリピートしたいです!」

 

31歳女性 混合肌

「アットコスメさんから、頂きました。泡立ちがとても良いです!

もこもこ泡で、擦らずに洗うことが出来ました。香りも優しい香りで好みでした。洗った後はつっぱらず、しっとりしていて秋冬にオススメです!」

 

18歳女性 混合肌

「キャンペーンに当選して、使用しました。

しっとりとした使い心地で、お風呂上がりの乾燥も気になりませんでした。香りも良く化粧品の香りに敏感な家族にも好評です。

濃密な泡が、簡単に作れて、摩擦レスな洗い上りで、開発担当の方の気合が伝わってくるような商品でした!」

 

28歳女性 乾燥肌

「ボディスポンジにつけて、少しもみこむだけで、濃密な泡が簡単に作れます!

全然ヘタることもなく、そのままの泡をキープしてくれます。

フワフワの泡に包まれて、ホワイトソープの香りが優しくて、癒されながら体を洗えます。

シアバター配合で、洗い流したあとも、肌にうるおいがあります。ボディソープの中で、一番濃密な泡立ちだと思いました!」

 

 

ふわふわで良い匂いの高評価ばかりでした!
濃密な泡の為、あまりゴシゴシ擦らなくても良いみたいですね!

 

 

全成分の紹介!注目は3つの成分!

 

それでは、みなさんが一番気になると思う、「バウンシアボディソープ」のすべての成分を、ご紹介していきたいと思います。

 

水、ミリスチン酸 K、ラウリン酸 K、パルミチン酸 K、ジステアリン酸グリコール、塩化 K、香料、ヒアルロン酸 Na、加水分解コラーゲン、
シア脂、コカミドプロピルベタイン、ラウリルヒドロキシスルタイン、ラウレス硫酸 Na、PEG-75、PEG-9M、PEG-20M、ポリクオタニウム-7、
ポリクオタニウム-50、グリセリン、BG、EDTA-2Na、EDTA-3Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン。

 

この中でも、注目したいのが、
女性にとって嬉しい、美肌成分として配合されている、「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「ミルクバター(乳脂)」という、植物由来の保湿成分です。

 

また、「バウンシアボディソープ」の特徴である、弾むような濃密泡を作り出し、高い洗浄力という特徴を持つ、3つの純度の高い成分も含まれています。

 

「ミリスチン酸 K」・・・バランスの良い泡質になるのが特徴。

「バルミヒン酸 K」・・・きめ細かくクリーミーな泡になるのが特徴。

「ラウリン酸 K」・・・・洗浄力が高く、大きな泡を作り出すのが特徴

 

上記のような成分のおかげで、気泡の小さい、濃密できめ細かい泡が楽しめ、洗い上りがさっぱりする洗浄力が、期待できるようになっています。

 

 

バウンシアボディソープは赤ちゃんや子供、敏感肌の人が使っても大丈夫?

 

ボディソープを購入する時に、赤ちゃんや子供さん、敏感肌の方にとって、お肌への影響が気になりますよね。
毎日使うものだからこそ、気になる点でもあります。

 

ここでは、「バウンシアボディソープ」が、赤ちゃんや、子供さん、そして敏感肌の人でも、ご使用になれるのかを、調べていきたいと思います。

 

ます、「バウンシアボディソープ」の特徴でもある、高い洗浄力。
それは、成分の中の「ラウリン酸 K」という成分によるものです。

 

「ラウリン酸 K」は、高い洗浄力が期待でき、濃密でなめらかな大きな泡を作り出すのが特徴ですが、アルカリ性の特質を持っているため、刺激などに弱い敏感肌の方には、あまりオススメできない成分のようです。

 

そして、「バウンシアボディソープ」のクリーミーさを出す成分である、「ミリスチン酸 K」という成分。

 

こちらも、普通肌の方には、さっぱりした洗い心地なのですが、
ラウリン酸 K と同じで、アルカリ性の洗浄成分ですので、使用感はクリーミーですが、若干石鹸カスが発生するようで、乾燥しがちな肌体質の方には、オススメできない成分のようです。

 

その他、「パラベン」が配合されていたり、保湿成分の配合量も少ないため、
免疫力の低い赤ちゃんや、アトピー体質の子供さんには、注意が必要なようです。

 

 

上手な使い方(泡立て方)

 

新しくなった「バウンシアボディソープ」は、その特徴から、クリーミな濃密泡を体験したくて、ご購入される方が多いと思います。

 

特に難しいことは無く、ちょっとしたポイントを押さえれば、誰でも簡単にきめ細やかな濃密泡を作ることができます。

 

こちらでは、そんな「バウンシアボディソープ」の泡立て方を、ご紹介したいと思います。

 

まずは、洗面器とナイロンタオルを用意してくださいね。

 

  • 洗面器などにお湯をはります。
    お湯の量は、手のひらで2回すくう程度で大丈夫のようです。
    そして、手または濡らしたナイロンタオルに、「バウンシアボディソープ」を、1~2プッシュたらしていきます。

 

  • そして、泡の中に空気を入れながら、泡立ちが良くなるように、良くかき混ぜてください。

 

  • まんべんなく混ざったら、泡を持ち上げながら、泡を立ち上げるように、揉みこんでいきます。
    (ここが、「バウンシアボディソープ」の濃密泡になるポイントのようです!!)

 

  • 揉みこんでいくと、だんだんと弾力のある濃密な泡になってくるので、ツノが立つくらいの弾力になったら完成です。

 

お肌を洗う時は、お肌の上で、泡を滑らすように洗うと、「バウンシアボディソープ」の濃密でクリーミーな泡の感覚を、楽しむことができますよ。

 

泡の固さの目安は、お湯の量が多すぎてしまうと、緩めの泡立ちになります。
また、逆にお湯の量が少ないと、固めの泡立ちになります。

 

ご使用になる方の好みにもよりますが、なめらかで弾力のある、濃密な泡立ちに仕上げるのなら、ツノが立つくらいの固さを目指すといいでしょう。

 

 

バウンシアボディソープが最安値で買える店舗

 

それでは最後に、「バウンシアボディソープ」の最安値を調べてみたので、ご紹介したいと思います。

 

今回は、Amazonや楽天市場といった、皆さんが良く使うサイトを中心に調べました。

 

「バウンシアボディソープ 550ml」
最安値は、楽天市場の¥394(税込)でした。

 

次いで、Yahoo!ショッピングの¥609(税込)、Amazonの¥950(税込)、PayPayモールの¥1,111(税込)という価格設定になっていました。。

 

「バウンシアボディソープ エアリーブーケの香り 500ml」
最安値は、楽天市場の¥433(税込)でした。

 

次いで、Yahoo!ショッピングの¥480(税込)、Amazonの¥502(税込)、PayPayモールの¥547(税込)という価格設定になっていました。

 

「バウンシアボディソープ 特大サイズ詰め替え用1240ml)」
最安値は、Yahoo!ショッピングの¥898(税込)でした。

 

次いで、楽天市場の¥978(税込)、Amazonの¥987(税込)、PayPayモールの¥987(税込)という価格設定になっていました。

 

「バウンシアボディソープ 詰め替え用400ml」
最安値は、Amazonの¥240(税込)でした。

 

次いで、楽天市場の¥289(税込)、Yahoo!ショッピングの¥309(税込)、PayPayモールの¥327(税込)という価格設定になっていました。

 

「バウンシアボディソープ 詰め替え用エアリーブーケの香り 400ml」
最安値は、楽天市場の¥289(税込)でした。

 

次いで、Yahoo!ショッピングの¥309(税込)、Amazonの¥310(税込)、PayPayモールの¥327(税込)という価格設定になっていました。

 

以上参考にしてみて下さい。